ジスロマックで性病を治す

ジスロマックは性病のクラミジア感染症を治療するお薬です。感染率が高くセックスで相手がクラミジアにかかっているとうつされてしまいます。ジスロマックは1回の服用で1週間程効果があり、継続で服用する事ができ、その間に高確率で完治する事が可能です。

台湾輸入の多いジスロマックは血小板減少性紫斑病に

ジスロマックは、ファイザー社の医薬品で、細菌性のさまざまな病気に効く抗生物質です。
呼吸器科、消化器科、泌尿器科、歯科など多くの診療科目で感染症治療に使用されており、喉頭炎、扁桃炎、クラミジア、子宮頸管炎、尿道炎などに処方されます。
グラム球菌や真菌ウイルスなど病原微生物は、タンパク質合成を行って増殖していき症状が悪化しますが、ジスロマックはその働きを抑えて殺菌する効果があります。
通常は1日1回500mg、尿道炎や子宮頸炎の治療には、1日1回1000mg服用します。
子どもは、1日1回10mgから使用し、体重や症状に合わせて服用します。

ジスロマックは、特発性血小板減少性紫斑病にも効能があります。
特発性血小板減少性紫斑病は、血小板が減少して出血症状を引き起こす病気で特定疾患の対象で、ヘリコバクターピロリ菌がいる場合には除去すると約半数で血小板の増加が見られます。
このため、特発性血小板減少性紫斑病の治療に使われることもあります。

ジスロマックは、常備薬の一つとして重宝されていますが、日本では処方箋になるため、ドラッグストアなどでは購入できません。
ただし、個人輸入なら購入が可能で、通常は個人輸入代行会社を使って、台湾やタイ、香港から輸入できます。
個人輸入代行を使用する場合の注意点は、たとえば台湾からの輸入なら、台湾で正式に流通している製品を取り扱っている業者を選ぶことです。
信頼と実績のある大手の業者なら安心でしょう。

ジスロマックはマクロライド系で、抗生物質の中では副作用の発生率が低いのですが、吐き気や胃痛、下痢などが現れることがあります。
軽い場合には問題ありませんが、ひどい症状が続く場合には医師に相談してください。